ビタミンCのロスを減らすには加熱時間が短時間ですむ電子レンジがよい

ビタミンCの調理のコツはできるだけ水やお湯に浸さないこと。また、加熱時間をできるだけ短時間ですませるには電子レンジの活用がおすすめです。
ビタミンCは野菜をゆでるとお湯の中に溶け出す。さらに熱でも壊れてしまうためほうれん草の場合、ゆで時間が1分、3分と時間が長くなるにつれて、Cは生の時に比べて75%、50%と減少してしまいます。
損失をできるだけ減らすには1回のゆで時間を短くすることです。「炒める」「電子レンジでの調理」はおすすめです。野菜はそのままラップに包んでレンジにかければいいでしょう。
ちなみに芋類など水分が少ない野菜は軽く水をかけながら行うといいでしょう。ただし、サツマイモはレンジで加熱すると、でんぷんを糖にかえる酵素が働かなくなり甘みがでなくなってしまうので注意が必要です。

この記事へのコメント